IGマーケッツ証券の株価指数CFDについて
株価指数CFD

株価指数とは、株式市場全体、または特定グループの銘柄全体の値動きを指数化したもので、株式市場の水準の指標となる値で、全世界の株式市場を対象としたものから、国やセクターごとの指数など様々な種類があります。
IG証券は、グローバルマーケットに強く、少額から世界の株式市場にほぼ24時間、投資可能です。

IGチャートが利用可能

IG証券において、株価指数CFDの取引するメリットを挙げると、IGチャートを利用する事が出来るという点です。
初心者向けの場合では、無料でありチャートの直接取引をする事が出来る事です。テクニカル分析にスマートフォンやタブレット端末のパソコンから利用できるモバイルチャートも利用する事が出来る上に、アラート設定などのカスタマイズをする事も可能です。
初心者向け以外の場合、口座の保有者ならば誰でも無料で、初心者同様にチャートの直接取引も行う事が出来ます。たくさんのテクニカル分析の指標も用意されており、注釈機能としてメモやトレンドラインも追加されていて、同じチャートで多くて6つの市場を比較する事が出来ます。

豊富なマーケットデータ

豊富なマーケットデータがある事も、IG証券で株価指数CFDの取引をするメリットの一つとなっています。
IG証券の取引を行う時、無料で利用する事が出来るサービスといえば、法人口座開設を除いた口座開設に、世界各国の個別株式レート、チャートを閲覧する事や編集するといったサービスです。
その他にもスマートフォンやタブレット端末を利用したアプリケーションに市場の分析ツール、法人口座のみの為替ダイレクトも、無料で利用する事が出来るサービスです。

低いスプレッド・低いコスト

全てのFXやCFD、バイナリ-オプションなどには取引の価格にスプレッドが存在しており、為替ダイレクトや株式CFD取引では、スプレッドの他にも取引手数料が発生します。スプレッドにおいては、天変地異からくる相場が急変した時、週末や週の初めなどの流動性の低下、経済の指標発表の時には拡大する場合もあります。
IG証券の株式指数CFDは、米国SPX500のスプレッドは0.5~と低スプレッドで低コストです。

優れた取引システム

取引のプラットフォームやアプリケーションに関しては、ユーザーに合うように設計されており、ソフトウェアのダウンロードの必要もありません。分かりやすいデザインで、ワンクリックで取引を行う事が出来、ユーザーの好みでカスタマイズをする事が出来ます。

くわしくは公式サイトでご確認下さい。 IG証券

IG証券 > 株価指数CFD